信濃路フリーきっぷの販売場所・値段・使い方

「信濃路フリーきっぷ」という切符があります。

信濃路フリーきっぷの内容や値段、購入場所などについてまとめました。

 


スポンサーリンク


信濃路フリーきっぷ

信濃路フリーきっぷ」は、次のような特徴を持った切符です。

  • 名古屋と信州エリアのフリー区間との往復に、「ワイドビューしなの」の普通車指定席を利用できる。
  • フリー区間は、特急列車・快速列車・普通列車の普通車自由席を何度でも利用できる。
  • アルピコ交通バスの一部路線が乗り放題。
  • 京都または新大阪が出発駅の場合、名古屋までの往復に東海道新幹線の普通車指定席を利用できる。

信州エリアの観光やスキー・スノボ旅行などに最適です。

 

信州エリアのJR線フリー区間

路線名 区間
篠ノ井線 塩尻 ↔ 篠ノ井
信越本線 篠ノ井 ↔ 長野
大糸線 松本 ↔ 南小谷

値段

「信濃路フリーきっぷ」の料金表です。大人とこどもは同一料金です。

出発駅 往復料金
名古屋(市内) 13,370円
多治見エリア (多治見~中津川・太多線の各駅) 12,340円
  • 三河エリア (豊川~豊橋・二川~蒲郡)
  • 岐阜エリア (岐阜~大垣)
14,400円
京都(市内) 23,000円
新大阪(市内) 24,700円

販売期間・使用期間

販売期間 2017年6月1日~2017年3月29日まで
使用可能期間 2017年7月1日~2018年3月31日まで
有効期間 3日間


スポンサーリンク


発売箇所

  • 信濃路フリー切符の出発駅 (名古屋・京都・新大阪・豊橋・大垣など)
  • JRの主要駅
  • おもな旅行会社の支店・営業所

注意点・使い方

  • きっぷの購入時に「ゆき」の指定席の交付を受けます。
  • 出発時刻前に1回に限り、指定席は変更できます。
  • 希望の列車が満席の場合、その列車の自由席を利用できます。
  • 出発時刻より前の列車に乗車した場合、自由席を利用できます。
  • 乗り遅れた場合は、後続列車の自由席を利用できます。
  • 指定日の翌日以降に乗車する場合は乗車券のみ有効となり、新幹線や特急を利用する場合、別途特急券を購入する必要があります。
  • JR線のフリー区間は、「かえり」券で乗り放題となります。
  • 「バスフリー乗車券引換券」は以下の箇所で、「バスフリー乗車券」に引き換えてから使用します。
駅名 施設名
長野 長野市観光情報センター
長野駅前総合案内所
松本 松本市観光案内所
信濃大町 大町市観光協会
白馬 北アルプス観光案内所

 


スポンサーリンク


鉄道

Posted by robanami


PAGE TOP