インターネットのエラーコード一覧 と意味と対策【403・404・500・503エラー】

インターネットでウェブサイトを見ている時に、真っ白なページに「403 Fobidden」とか「404 Not Found」というメッセージの書かれたページを見た経験はないでしょうか?

これらはエラーコードと呼ばれるもので、それぞれに意味があります。

インターネットのエラーコードと意味についてまとめました。


スポンサーリンク


エラーコードとは

インターネットでウェブサイトを見る時、そのページが正常に表示できない場合、エラーが起きたことを伝えるメッセージが表示されます。

このメッセージは、(HTTP)ステータスコードと呼ばれるもので、正常にページを表示できなかった理由を示しています。

ステータスコードは、100~500番台の数字が割り振られていて、それぞれ固有の意味があります。

ステータスコードの中でも、400番台と500番台のメッセージのことを特にエラーコードと呼んでいます。

400番台のエラーコードと意味と対策

400番台のエラーコードは「クライアントエラー」と呼ばれるもので、ページを見る人(クライアント)側にエラーの原因があることを示しています。

番号 名称 意味と対策
 400  Bad Request 不正リクエスト
  •  ブラウザからのリクエストを適切に処理できない場合に表示されます。
  • 他のブラウザを使ったり、Cookieやキャッシュを削除してみてください。
 401  Unauthorized 認証エラー
  •  ログインすることが必要なページで、IDやパスワードを間違えた場合に表示されることがあります。
  • IDやパスワードをよく確認して下さい。
 403 Forbidden アクセス禁止
  •  サイト管理者がアクセスを禁止しているページにアクセスした時に表示されます。
  • アクセスが集中していて、ページにつながりにくい時も表示されることがあります。
 404 Not Found ページが存在しない
  •  アクセスしたページが削除されたため、ページを表示できない時のメッセージです。
  • ページの閲覧者にできることはありません。
 408 Request Timeout タイムアウト
  •  決められた通信時間内にページを表示できなかった時に出るメッセージです。
  • ネットの接続速度が低下している場合に起こります。

 


スポンサーリンク


500番台のエラーコードと意味と対策

500番台のエラーは「サーバーエラー」と呼ばれるもので、そのウェブサイト側にエラーの原因があることを示しています。

番号 名称 意味と対策
 500  Internal Server Error サーバー内部エラー
  •  そのページの設定にエラーがあって、ページを表示できない時に出るメッセージです。
  • サイトの閲覧者にできることはありません
  • サイトの管理者は、設定を調整する必要があります。
 501  Not Implemented
 502  Bad Gateway
 503  Service Unavailableサーバー過負荷
  •  そのサイトにアクセスが集中していて、一時的にページを表示できない時に出るメッセージです。
  • 時間をおいてからアクセスすると良いでしょう。
 504  Gateway Timeout
 505  HTTP Version Not Supported

 


スポンサーリンク


用語

Posted by robanami


PAGE TOP