入学祝いの金額の相場 いつごろ渡せばよいのか?

親戚の子供が、新しく学校に入学することになった場合、入学祝いを渡す人も多いと思います。

ただ具体的にいくらくらい渡せばよいかは、分かりにくいものです。

 

入学祝いの相場やどんなものを渡せばよいかなどをまとめました。


スポンサーリンク


入学祝いは、いつごろ渡すべきか

渡す時期は、3月の中旬から下旬ごろに渡す人が最も多いようです。

前の学校を卒園・卒業して、新しい学校に入学するまでの時期が良いだろうというのが理由のようです。

ただ公立の小学校や中学校のように、入学することが確実に決まっている場合は、正月などに渡すケースもあります。

高校や大学の場合は、進学先が決まってから渡すのが一般的です。

入学祝いの相場

入学祝いにいくら渡すかは、子供との関係性や子供の年齢によって変わってきます。

おじいさん・おばあさん それ以外の親戚 友人など
幼稚園・保育園 5,000円~10,000円 3,000~5,000円 3,000円~5,000円
小学校 10,000円~20,000円 5,000~10,000円 3,000円~5,000円
中学校 20,000円以上 10,000~20,000円 5,000円~10,000円
高校 20,000円以上 10,000~20,000円 5,000円~10,000円
大学など 20,000円以上 20,000円以上 10,000円~20,000円

学校が進むほど、関係性が近いほど金額も上がっていく傾向にあります。

ただこれはあくまで相場で、大事なのは気持ちですから、金額はあまり気にせずに渡せばよいと思います。


スポンサーリンク


入学祝いにどんなプレゼントが良いか?

入学祝いの定番と言えば、圧倒的に現金です。

もらう側が自由に使える為、一番喜ばれるでしょう。

 

現金を渡すのに抵抗がある方は、商品券やギフトカードを贈っているそうです。

最近では、カタログギフトも人気のようです。

 

ランドセルや学習机を贈ろうと考えている場合は、先方が既に購入していると無駄になるので、あらかじめ先方と相談するのが無難です。

また文房具などは、その人の趣味嗜好に合わないと喜ばれないですし、ゲームやおもちゃなどは、勉強の妨げになるという理由で嫌われることもあるので気を付けましょう。

相手が使い方を決められる、現金やギフトカードなどがベターだと思います。


スポンサーリンク


情報

Posted by robanami


PAGE TOP