Vプリカの使い方や購入場所 手数料やチャージについて

Vプリカというプリペイドカードがあります。

ネットショッピングでしか使えませんが、チャージ金額の範囲内でクレジットカードと同じように使用できるのです。

Vプリカの購入場所や使い方についてまとめました。

 


スポンサーリンク


Vプリカとは?

Vプリカとは、インターネット上のVisa加盟店でクレジットカードと同じように使用できるプリペイドカードです。

ネットショッピングやオンラインゲームなどでしか利用できず、実店舗では利用できません。

 

ただネットサービスや通販が、クレジットカード払いしか対応していない場合でも、Vプリカがあれば利用できるわけです。

クレジットカードを作れなかったり、持っていない人にとって有用な手段です。

Vプリカの発行には、審査や本人確認はありません。誰でも手軽に利用できます。

 

Vプリカには、VプリカとVプリカギフトの2種類があります。

Vプリカは、コンビニなどでコード番号を購入し、ネットでアカウントを作って発行するカードレスのタイプです。

Vプリカギフトは、すぐに使うことができるカードありバージョンです。

 

Vプリカの購入場所

Vプリカは、次の場所で販売されています。

  • セブンイレブン (マルチコピー機で購入)
  • ローソン (Loppiで購入)
  • ファミリーマート (Famiポートで購入)
  • サークルK・サンクス (Kステーションで購入)
  • ミニストップ (Loppiで購入)
  • デイリーヤマザキ (サンプルカードをレジに持っていく)
  • セイコーマート (サンプルカードをレジに持っていく)
  • WonderGOO
  • PayNetCafe対応のネットカフェ

 

またVプリカは、Vプリカの公式サイトでも購入できます。

 


スポンサーリンク


 

Vプリカの使い方・チャージ方法

Vプリカを使用するには、アカウントを開設する必要があります。

※Vプリカギフトは、アカウントを作らなくてもすぐに使えますが、アカウントを開設すると複数のカードの残高を合算したりできます。

  1. Vプリカの公式サイトにアクセスします
  2. 右上の「アカウント開設(無料)」の部分をクリックします。
  3. メールアドレスを入力して、「確認」をクリックします。
  4. 確認メールが届くので、メールを開き記載のURLをクリックします。
  5. 必要事項を入力して「確認」をクリックします。
  6. 「ログイン」をクリックしてIDとパスワードを入力し、Myページにログインします。
  7. 「発行・購入」の「コード入力」をクリックします。
  8. コンビニなどで購入したコード番号を入力して、「次へ」をクリックします。
  9. 「SMS認証」か「電話認証」を選択して認証手続きを行います。
  10. カードデザインを選択します。
  11. カード名を設定します。
  12. 複数のVプリカを持っている場合、残高を新しいカードに加算できます。残高加算の必要がなければ、「加算しない」を選択します。
  13. Vプリカの発行は完了です。

 

ネット通販などで、Vプリカをクレジットカードの代わりに使用する場合、Vプリカのカード番号や有効期限などを入力します。

Vプリカのカード番号などはMyページで確認できます。

カード名義は、Vプリカのニックネームを入力します。

 

Vプリカの残高が足りなくなった場合は、新しいVプリカを購入して、残高を合算することで事実上のチャージができます。

 

Vプリカの手数料や有効期限

Vプリカは、購入する際に手数料がかかります。手数料は以下の通りです。

ただしMyページから購入する場合、手数料は一律200円です。

カードの種類 手数料
5000円まで 200円
7000円 280円
10,000円 390円

 

Vプリカには有効期限があり、購入した日から1年を経過した月の月末です。

残高があっても、有効期限が来れば失効します。

新しいVプリカを購入して、古いカードの残高を新しいカードに合算することで、これを防ぐことができます。

 

またVプリカカードには、休眠カード維持費というシステムがあり、最後に利用した日から3か月使用しなかった場合、125円の管理費用を残高から引かれます。


スポンサーリンク


情報

Posted by robanami


PAGE TOP