北海道&東日本パスの値段・使い方・購入場所 青春18きっぷとの違い

 

JR北海道とJR東日本の路線に乗り放題となる「北海道&東日本パス」という切符があります。

北海道&東日本パスを購入できる場所や具体的な使い方、青春18きっぷとの違いについてまとめました。

 


スポンサーリンク


北海道&東日本パス

北海道&東日本パスは、次の路線の普通・快速列車に7日間乗り放題となるきっぷです。(席は原則として、自由席及びBRTのみです)

  • JR北海道の在来線
  • JR東日本の在来線
  • 青い森鉄道
  • IGRいわて銀河鉄道線
  • 北越急行線
  • 奥羽本線の「青森~新青森」の特急・急行自由席
  • 石勝線の「新夕張~新得」の特急・急行自由席
  • 奥羽本線「青森~新青森」の普通指定席

また北海道新幹線の「新青森~新函館北斗」の区間に限って、別途特定特急券を購入すれば、北海道新幹線の空いている席(立席)を利用できます。

 

 

北海道&東日本パスの購入場所&値段

北海道&東日本パスは、JR北海道とJR東日本のみどりの窓口・指定席券売機・びゅうプラザ・主な旅行会社などで販売されています。

値段は大人10,850円で、小児5,420円です。

払い戻しは未使用品に限り、この切符を販売している場所でできます。※手数料220円がかかります。

 

発売期間と利用できる期間

発売期間

  • 春季 2017年2月20日~2017年4月16日
  • 夏季 2017年6月20日~2017年9月24日
  • 冬季 2017年12月1日~2018年1月4日

利用期間

  • 春季 2017年3月1日~2017年4月22日
  • 夏季 2017年7月1日~2017年9月30日
  • 冬季 2017年12月10日~2017年1月10日

きっぷを購入する際に、利用開始日を決めます。

きっぷの有効期間は、購入時に指定した日から7日間です。

 


スポンサーリンク


 

北海道&東日本パスの使い方

普通の切符と同じように自動改札機に切符を入れて使用します。

北海道&東日本パスは1人分の切符×7日分なので、複数人でシェアすることはできません。

例えば、2人一緒に3日間分使うというようなことはできないのです。

 

北海道&東日本パスと青春18きっぷとの違い

青春18きっぷ 北海道&東日本パス
値段 11,850円 10,850円
有効期間 利用期間内のいずれか5日分 (日付の間隔が空いていてもよい)

あらかじめ利用日を決めなくてもよい

指定した日から連続7日間
利用できる路線 全国のJR(北海道・東日本・東海・西日本・四国・九州)の在来線 JR北海道と東日本の在来線のみ
鉄道以外に利用できる交通機関 JR西日本宮島フェリー 鉄道以外は利用不可
自動改札機 通れない (改札で駅員に見せる) 通れる

主な違いは、青春18きっぷはJR全線に対して、北海道&東日本パスはJR北海道と東日本の路線のみです。

また青春18きっぷは、1日乗車券が5回分というセットなので、複数人で同時に使用することもできますが、北海道&東日本パスは自分1人しか利用できません。

利用期間についても青春18きっぷは、日付の間隔が空いていてもよい5回分ですが、北海道&東日本パスは連続7日間です。

 

基本的に北海道&東日本パスは、青春18きっぷの地区限定版という内容です。

一人旅で北海道や東北方面をじっくり回りたい方には、「北海道&東日本パス」の方がお得な切符と言えると思います。

逆に東日本から西日本へまたがって旅行したい方には、青春18きっぷをおすすめします。

 


スポンサーリンク


鉄道

Posted by robanami


PAGE TOP