SuicaとPASMOの違い どちらが便利か?

「Suica」や「PASMO」など何らかの交通系ICカードを持っている人が多いのではないでしょうか?

交通系ICカードは、全国でたくさん発行されていますが、具体的にどのような違いがあるのかは分かりにくいです。

SuicaとPASMOの違いについてまとめました。


スポンサーリンク


Suica

JR東日本が発行する交通系ICカード(電子マネー)です。

主にJR東日本の路線を利用する人が、作る場合が多いです。

PASMO

関東地方の私鉄や路線バス事業者が加盟する交通系ICカードです。

主に関東地方の私鉄や地下鉄を利用する人が、作ることが多いです。

相互利用後は、違いがあまりない

2007年にPASMOが登場してから、先に存在していたSuicaとの相互利用が可能になりました。

つまり、SuicaかPASMOのいずれか1枚を持っていれば、どちらの路線も利用できるようになったのです。

そして電子マネーとしても、お互いの加盟店で相互利用できます。

従って現在においては、SuicaとPASMOに大きな違いはないと言えます。


スポンサーリンク


SuicaとPASMOの違い

SuicaとPASMOに大きな違いはないと言いましたが、細かい部分での違いはあります。

  • ポイントサービスの有無
  • モバイル対応の有無

Suicaを買い物の支払いに使う場合、JRE POINTというポイントが貯まります。

貯まったポイントは、SuicaのチャージやSuicaグリーン券に交換して利用できます。

PASMOの場合は、Suicaのような独自のポイントシステムがありません。

 

そしてSuicaには、モバイルSuicaというモバイル版があるので、スマホだけで改札を通ることができます。

カードをたくさん持ち歩きたくない人にとっては、Suicaは便利だと言えます。

一方PASMOは、現在のところモバイルに対応していないので、カードタイプを使うしかありません。

SuicaとPASMOどちらを選ぶか?

ポイントを貯めたい人やモバイルタイプを利用したい方は、Suicaを選ぶことになります。

逆にそういう点に魅力を感じなければ、SuicaとPASMOに大きな違いはないので、デザインが好みの方を選べば良いと思います。

 


スポンサーリンク


鉄道

Posted by robanami


PAGE TOP