Suicaの購入・チャージ・残高確認方法

JR東日本が発行する「Suica」(スイカ)を利用する人が増えています。

 

Suicaの購入やチャージの方法についてまとめました。


スポンサーリンク


Suicaとは?

鉄道やバスに乗車したり、買い物の支払いにも使えるJR東日本のICカード(電子マネー)です。

現金をチャージしておくと、自動改札機にタッチするだけで列車に乗車できます。

Suicaの種類

Suicaは、「Suicaカード」「My Suica(記名式)」「Suica定期券」の3種類があります。

「My Suica(記名式)」と「Suica定期券」は、購入した人の情報をカードに登録するタイプなので本人しか使えません。

ただ紛失した場合にはカードが停止され、再発行時にチャージ残額や定期券部分を保証してもらえます。

Suicaはカードタイプだけでなく、スマホなどと一体となった「モバイルSuica」もあります。

 

Suicaのメリット

  • パスケースにカードを入れたまま、自動改札機の読み取り部にタッチするだけで、改札を通ることができます。
  • 途中下車や乗り過ごした場合でも、精算は改札機で自動的に行ってくれるので、窓口で精算する必要がありません。
  • 全国相互利用が行われているので、SuicaでKitaca・PASMO・TOICA・manaca・ICOCA・PiTaPa・SUGOCA・nimoca・はやかけん・icsca・odecaの各エリアの鉄道・バスも利用できます。
  • SuicaマークやSUGOCAマークなどのある店で、買い物の支払いにも使えます。

スポンサーリンク


Suicaの購入方法

Suicaは、JR東日本の駅にある多機能券売機やみどりの窓口で購入できます。

発売価格は、1,000円・2,000円・3,000円・4,000円・5,000円・10,000円の6種類です。

この発売価格には、預り金(デポジット)500円が含まれています。

Suicaカードを返却すると、500円が返ってきます。

Suicaのチャージ方法

Suicaを利用するには、あらかじめ現金をチャージしておく必要があります。

Suicaは、ICマークのある自動券売機・多機能券売機・のりこし精算機で上限20,000円までチャージが可能です。

自動券売機では、Suicaの残高も確認できます

Suicaインターネットサービスを使えば、PCやスマホからSuicaにチャージできます。

また駅にあるATM「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)からSuicaにオートチャージされるように設定することもできます。


スポンサーリンク


鉄道

Posted by robanami


PAGE TOP