年賀状の文例集 ビジネス用・上司や取引先にはどう書けばよいのか?

上司や取引先に年賀状を書く場合、どう書くべきか頭を悩ませている方が多いのではないでしょうか?

 

ビジネス用の年賀状の書き方の例をまとめました。

 


スポンサーリンク


年賀状を書く上で注意すべき点

年賀状によく出てくる「賀正」や「迎春」は、目上の方が相手の場合NGなので、書かないようにしましょう。

また年賀状のようなあいさつ文は、句読点(「、」や「。」)を付けないのが一応のマナーです。

読みづらい文章にしないためには、改行したり1つの文章を短めにすることを心がけるとよいでしょう。

ただ最近では、句読点を付けるケースも増えてきているようです。

職場の上司や先輩の場合の文例

謹んで新春のお慶びを申し上げます

旧年中は公私に渡るご高配を賜り心より感謝致します

本年もご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます

末筆ながらますますのご健勝とご多幸をお祈り申し上げます

平成30年 元旦

同僚の場合の文例

明けましておめでとうございます

昨年はいろいろと力を貸していただきありがとうございました。

本年もお互い切磋琢磨していきましょう

平成30年 元旦

部下の場合の文例

新年おめでとうございます

昨年は様々な場面で奮闘していただきありがとうございます

継続してより大きな仕事ができるよう期待しています

今年がさらなる飛躍の年となることを願っています

平成30年 元旦

 

 


スポンサーリンク


取引先や顧客の場合の文例

謹んで初春のご祝詞を申し上げます

旧年中は格別のご愛顧を賜り心より御礼申し上げます

御社のますますのご発展を祈念申し上げますとともに本年もより一層のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます

平成30年 元旦

お店からお客様への文例

謹賀新年

旧年中は当店をご利用いただきまして誠にありがとうございます

本年も皆様にご満足いただけるようスタッフ一同日々努めてまいります

ご来店を心よりお待ち申し上げております

平成30年 元旦

お返し年賀状

謹んで新春をお迎えのこととお慶び申し上げます

新年のご祝詞をいただき誠に感謝いたします

この度は年賀状が遅れましたこと心よりお詫び申し上げます

今後とも変わらぬご厚情を賜りますようお願い申し上げます

起業(開業)を伝える場合

謹んで新春のご祝詞を申し上げます

旧年中は格別のご厚情をいただき心より感謝いたします

本年も変わらぬご厚誼のほどよろしくお願い申し上げます

〇月△日に新会社を立ち上げました

皆様のご期待に応えられるよう努力していく所存ですので何かお困りの際はぜひご相談ください

末筆ながら皆様のご発展を祈念いたします

平成30年 元旦

 


スポンサーリンク


情報

Posted by robanami


PAGE TOP