なんJ語の用語集一覧 由来は楽天のドミンゴ

「なんJ語」という言葉が最近、女子大生の間で流行っているそうです

なんJ語とは何なのか、由来や使用例をまとめました。

 


スポンサーリンク


なんJ語とは

なんJ語というのは、大手掲示板「2ちゃんねる」の「なんでも実況J」という板で生まれた言葉です。

なんでも実況J」を略して、「なんJ」と呼ばれています。

この板には野球好きの閲覧者が集まっているため、なんJ語もプロ野球選手の発言や行為から生まれたものが多いです。

 

「~ンゴ」

なんJ語の中でも最もよく使われる言葉が、語尾に「ンゴ」を付ける言葉です。

 

「疲れたンゴ」とか「遅刻したンゴ」というように使われます。

女子大生の間で流行っているというなんJ語もこの「~ンゴ」です。

 

2008年に楽天のドミンゴ・グスマン投手が9回裏の2点リードの場面で登板して、1アウトとも取れずにサヨナラ負けした場面で

多くの人が「ドミンゴwwwww」となんJに書き込んだのがこの言葉の由来です。

その後「~ンゴ」という部分が独立して定着し、いろいろなところで使われるようになりました。

 

元々は失態やミスという意味合いで使われていましたが、最近では単に語尾に付ける言葉として広く使われるようになっています。

 


スポンサーリンク


 

なんJ語の用語集

「ぐう~」

「ほんとカッスはぐうの音も出ないほどの畜生だな」という言葉が由来。略して「ぐう畜」と言われます。

「カッス」というのは、元巨人の小笠原道大選手の愛称「ガッツ」をもじった蔑称。

小笠原選手がチャンスで凡退したり、打撃不振が続いた時にこう呼ばれるようになったようです。

 

この「ぐう畜」から派生して、ぐうの音も出ないほど~という意味で、「ぐう~」という言葉が使われるようになりました。

例えば「ぐう恥ずかしい」というように使われます。

 


スポンサーリンク


用語

Posted by robanami


PAGE TOP