レゴランド名古屋の料金や営業時間 持ち込み可能なもの 注意点

今年の4月1日に名古屋にオープンしたレゴランド。

ディズニーランドやUSJのようになることを期待されていたレゴランドですが、評判はあまり良くない様子。

その主な原因は、高い入場料や弁当の持ち込みが禁止されている点などにあるようです。

 

レゴランドの入場料金やレストランの料金、持ち込めるものなどについて調べました。

 


スポンサーリンク


 

レゴランド名古屋

2歳から12歳までの子供とその家族が楽しむことを想定したテーマパーク。

40以上の乗り物やレゴモデルに触れたり作ったりするといった体験ができます。

 

レゴランドへのアクセス

電車の方

  • JR名古屋駅からあおなみ線に乗り、終点の金城ふ頭で下車(所要時間約24分、ノンストップ列車なら16分)

車の方

  • レゴランドの専用駐車場はないため、名古屋市営金城ふ頭駐車場などを利用することになります。(平日最大1000円・休日最大1500円)
  • 伊勢湾岸自動車道・名港中央インターで降りて、左側道を大きくUターン。そのまま道なりに進み、信号交差点手前を左折Uターンし、駐車場入り口へ。

 

レゴランドの入場料 (税込)

1DAYパスポート (前日・当日)

  • 子供 (3~12歳) 5,300円
  • 大人 (13歳以上) 6,900円

1DAYパスポート (2~6日前)

  • 子供 (3~12歳) 5,000円
  • 大人 (13歳以上) 6,500円

1DAYパスポート (7日前以前)

  • 子供 (3~12歳) 4,700円
  • 大人 (13歳以上) 6,200円

年間パスポート

  • 子供 (3~12歳) 13,300円
  • 大人 (13歳以上) 17,300円

 

営業時間

レゴランドの営業時間は以下の通りです。閉園時間は3パターンあり、曜日で決まっているわけではありません。

詳しい日程はこちらで確認してください。

  • 10:00~17:00
  • 10:00~18:00
  • 10:00~19:00

定休日は毎週ではありませんが、火曜日と水曜日になるようです。

 


スポンサーリンク


 

持ち込み禁止なもの

レゴランドは、基本的に飲食物の持ち込みが禁止されています。次のものは持ち込むことができません。

  • 弁当・おにぎり・お菓子などの食べ物
  • ビン・缶類の飲料
  • アルコール類

 

持ち込み可能なもの

逆に持ち込みできるのは、次のようなものです。

  • かばんに入る程度の水筒(500ml程度)
  • 離乳食
  • 弁当 (食物アレルギーがある方のみ)

 

 

その他のサービス

レゴランド内のサービスについてまとめました。

  • コインロッカー (大型800円・中型600円・小型400円)
  • ピックアップサービス (パーク内で購入したお土産品を入場口の近くの店で受け取るサービス・無料)
  • 飲み物の自動販売機 (220円)
  • 無料Wifi
  • ベビーカーレンタル (1台1000円)

 


スポンサーリンク



PAGE TOP